FC2ブログ

プロフィール

tosshiii

Author:tosshiii
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

危ない大学2019は価値はない

皆さんこんばんは。



今回は危ない大学・消える大学2019年版 (YELL books)


これ毎年更新しているみたいです。


就職でトクする大学・損する大学ランキング 2016年版 (YELL books)もあるみたいなんですが、


その違い判らず。


そのランキング方法もよく判らず。


このクラスのランキングでいつも疑問なんですが、卒業生数を全く考えていません。


例えば輩出した社長数ランキングなんて訳の分からないのもあるんですが、


東大100名早稲田100名慶応100名だったとします。


全部ランクは同じなんでしょうか。


いやいや、東大の年間卒業生数は約3000人慶応が6000人早稲田は9000人いるんです。


一番て東大二番慶応三番早稲田ですよね。


親は皆がどうかというよりも自分の子供がどうなる可能性があるかを気にしています。


100分の一か10分の一かならば10分の一を選びます。


卒業生1000人当たりとかすれば納得できますけど、全然納得できない数字です。


学生数が多いとそのまま有利になります。


なんせあの話題の日大は年間卒業生数が13000人もいるんです。


その社長数と3000人の東大の社長数比べて何が判るんでしょうか。


就職にしても同じ、例えばトヨタに東大10人早稲田10人慶応10人就職したとしても


良いのは東大慶応早稲田の順です。


このランキングは圧倒的に卒業生数が多いところが有利になります。


まそれでも良い大学は上位に残っていますけど。


何が良い大学かはまた議論があるところですが。


6700人の明治と2300人の上智で同じ基準で比べるかと思うんですが。


明治が3人いたら上智は1人でいいんですよね。


偏差値・知名度ではわからない 就職に強い大学・学部 (朝日新書)で筆者の海老原さんが人気100社に入れる数を出しています。


2009年度。


早慶上智明治青学同志社関学の7大学。


トップは早稲田の1463次いで慶応1394次が同志社716名


そして明治の562名上智は5番目の406名。青学399名関学は326名です。


上智は確かに5位です。


島野さんはここで評価しています。


でも海老原さんは来れを卒業生数で割っています。


普通これしないといけないでしょう。


正確な数字が出ません。


でも島野さんだけでなく雑誌はほとんどそうです。


卒業生数が多いイコールたくさん宣伝費を使ってくるのか卒業生数多い大学によく映るように工夫しているんです。


そして結果は1位慶応の22%2位は上智の18.4%3位は早稲田の15.1%


4位は同志社の13.5%5位は青学の9.9%6位は明治の8.4%最後が関学の7.5%です。


見る限り早慶上智は万全。卒業生10人いたら2人か弱有名企業に入れているのに対して


明治は…・10人いても1人入れるかどうかです。


子供の就職考えるなら、偏差値だけではなくて、少し低くてもいいところは入れる確率の高い上智はお勧めとなります。


明治は青学にも負けているというのが…


ランキングにするならば、パーセンテージでやるべきです。


10人いて5人は入れるのと1人しか入れないのでは全然違います。


拙著マーチに入っても大手就職率はたったの4割: それなら地元の国公立大学に行く?
では就職先を公表している部分において精査しました。


国公立においては名大法 名市大経済男 和歌山大学経済男

早慶上智において慶応経済男 上智経済経済学科男 

マーチにおいて中央法 中央商 明治男

地方私学の南山経営男


を全件精査してランキング作成しました。


大体どうなるかは読めばわかります。


マーチで4割強今の絶頂期ならば5割 公務員か1000人以上の企業に就職は出来ます。


でも地方少人数有名私学はそれ以上に就職できています。

マスプロ大学よりは少人数大学をお勧めします。


ランキング見るには母数を合わせている頼りになる本を参照にしましょう。


スポンサーサイト

週刊ダイヤモンド 2018年 2/10 号 [雑誌] (企業も個人も生死を分ける AI格差)

皆さんおはようございます。


今回は
週刊ダイヤモンド 2018年 2/10 号 [雑誌] (企業も個人も生死を分ける AI格差)



産業革命で大量の人が失業しました。


富は産業家のみに集約しましたが、


人手不足による賃金高騰によってふたたび人類に還元されました。


しかし、昨今の無能な経営者に対する高級はその格差を拡大し


更にAIによって大量失業が発生し、


しかもAIは人に成り代わるので人手不足が発生せず、富の集中だけが進み、


庶民に富は還元されず、


このまま格差拡大すれば大半の人間が奴隷と化してしまう…・


とは書いていません。


しかし、富が還元されることはないと。


儲かるのは資本家のみ。


しかし、その資本家も人間を超えたAIによって完全支配され、奴隷と落とされるという


大どんでん返しが


そうとも書いていませんが、とんでもない社会が来るのは確実。


薬剤師税理士は大半が失業 企業事務職も大半は失職。


もはやすぐそこまで来ているそうです。


あなたの失業まであと10年・・・・


Prologue
 個人も企業も逃れられない二つのAI格差


Part 1
 AIロボット革命超入門


Part 2
 いよいよ始まった!日本企業のAIサバイバル


Part3


 名門企業はなぜAI革命で負け組になるのか


Part4


 日本人2700万人失職時代の大格差


あなたはこの現実に耐えられるか


是非とも読んでください。


いや 是非とも読め としか言いようがありません。



**********************************************************


検証! AI人工知能 これから起きること100 日経トレンディ

皆さんおはようございます。

今回は日経トレンディ 2017年 11 月号


AI今急速に発展しています。


将棋囲碁もうAIに完敗です。


まだまだかかると言われていたのにあっという間に抜かれてしまいました。


しかしそれ以上にAIの能力は人並みの考えるというレベルに徐々にそれも急速に迫っています。


産業革命ではそれによって多くの人の職が奪われました。


AIはそれ以上に人の職を奪う可能性があります。


日経トレンディでは今AIがどこまで来ているか。特集していました。


弁護士とか今でも過当競争といわれているのに、80%が取って代わられると書かれていました。


もう弁護士の先はない…・


銀行員も・・・・


今のメジャーな就職先の一つであるのに。それが無くなると・・・・・


どんな職が何%くらいとってかわられるか全て載っています。


心配な方は是非とも参考に。


就職考えている人は参考に。


コールセンターとかは30%くらいととってかわられる率が少なかったですが、


声だけで対応できるコールセンターはもっと急激に対応できるのではないかと思います。


AIは全ての機械で情報共有できるので1万台使えば1万人分の情報が蓄積できるんです。


あっという間にコールセンターがコンピューターにとってかわられる可能性も大きいかなとは私は思いましたが。


政治家こそAIにした方が良いような気もします。


公約は変えない。


嘘はつかない。


でも今の政治家をAIがまねてくれると困りますが。


SFの世界のようにいつの間にかAIに支配されている世界になっているかもしれません。


話それましたが、それだけこのAI革命はすさまじいです。


それもここ数年で急激に進展します。


是非とも読んでというか必ず読んでください。


あなたの職は大丈夫ですか?

就職に強い大学 (別冊宝島 2558)

皆さんおはようございます
今回は
就職に強い大学 (別冊宝島 2558)



ついに宝島が本当に就職に強い大学を出すのかと期待しました。


しかし宝島社も広告の前に撃沈。


有名企業就職者数を卒業者マイナス進学者数の本当の就職しようとした人で割った数字が本当に強い大学になると思うんです。


マーチの就職に強い大学の筆頭明治。


しかし、しかしです。なんと就職者数を出しているのは少しだけ。


あとは1000人以上の大手就職者数も出していません。


日東駒専レベル失礼の500人以上のみです。


6000人以上も卒業者のいる明治と2000人しかいない上智を比べるのもともと無理です。


比べられるのは当然率。


その率出していないからいい加減な話題になるんです。


http://kyoiku.bakufu.org/hikyouiku5.html
率から出した就職強い大学はこちら


明治は情報公開の無さから欄外です。


それも500人以上の企業に就職率は65%しかなく駒澤は50%


どこが違うのかと聞きたくなります。


同志社の文系で1000人以上の企業就職率は60%


上智の経済が70%です。


うーんそれに比べて…・


学生数が多すぎるんです。


上は良いところに就職できても平均すると・・・・・


中央は全就職実績出していて素晴らしいです。


でもワンランク落ちて50%くらいです。


地方の国公立は思った以上に善戦していて、


わざわざ下宿代払って明治に行くよりは地方の国公立大学に行く方がお得感があります。


そういう事が載っていなかった。


上智はここ20年くらい人気業就職に占める割合が4パーから3パー弱に落ちている。


早稲田は10%のままだという意見ありましたが、


早稲田って今学部いっぱい作っていますよね。


学生数はそんなに増えていないかもしれませんが、2部二つを1部にしたりして


卒業生数マイナス進学者数引いた数字で割ると上智とそんなに変わらないんですけど。


元々悪すぎたと言えるかも思えるのは私だけでしょうか。

偏差値・知名度ではわからない 就職に強い大学・学部 (朝日新書)


これの方が人気100社の就職状況とかしっかり出しています。


中古であるので是非とも買って下さい。
買う価値はあります。


ま参考にぜひとも買ってみて読んで下さい。






*******************************************************

編集後記 by tosshiii





格安SIM使った格安スマホ体験記


http://tosshiii.web.fc2.com/sumaho.html


今はいろんなものもありますが、どれが安いか考えてください。


子供は500円プラス機器代のみ


家ではwifiにつないでいます。

2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!

皆さんこんにちわ

今回は2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本 ― 受ける「順序」を変えるだけで、内定率アップ!




です。



なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?: 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる
の著者です。


この本の言っていることはまず、就職には相性があり、


仕事で選ぶよりも会社の相性が合うかどうかで選べと言っています。


何故か、例えば営業がしたくて入っても、経理に回されることもある、


広告代理店でキャッチフレーズを考えたくても、営業に回されることも多々あります。


その時に辞めるのかというとそんなことは無理です。


また、転職理由も突き詰めていくと仕事が嫌でやめるのではなくて、会社に合わずに辞めるのが大半だとか。


実際にどんな会社かはなかなか面談やOB訪問ではわからない、


でも、ある程度は判るようになる具体的方法。


また、メーカーのスローキャリアの理由


都銀、保険会社と証券会社、商社、医薬品営業かIT、広告業界筆者は広告出身、コンサル


のそれぞれの入ってからどんなふうに配属されていくかが具体的に詳しく載っています。


業界を選ぶのにとても参考になります。



中小企業ではキャリアが積みやすいとか、ベンチャーと大手の違いとか


具体的に載っています。


就職する前にぜひとも読みたい一冊です。

 | HOME |  ▲ page top