FC2ブログ

プロフィール

tosshiii

Author:tosshiii
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

坂の上の雲

みなさん、こんばんわ

今まで読んだ本で、感動した本、2回以上読んだ本を中心に紹介していきます。

分野は歴史物、SF、旅行物、保険金融物です。 その他もろもろよかったら、雑誌でもタイムリーに記載していきます。 さて、第一号は来年のNHK大河ドラマ原作の「坂の上の雲」です。


ご存知司馬遼太郎さんの作品です。
日露戦争を主題にしています。
日露戦争は国力から言っても陸軍の規模から言っても基本的に日本には勝ち目がありませんでした。その日本を何とか、引き分けに持っていった人々の物語です。

日露戦争でロシアは強大な騎馬軍団を持っていました。
それに対して、日本騎兵を何とか、互角の戦いまで持っていった秋山好古と 日本海海戦でバルチック艦隊を破った日本海軍の作戦を全て考えた秋山真之の兄弟と真之の親友で同級生である俳句界の巨匠正岡子規の3人が主人公です。

主人公は勝てるはずのなかった、ロシア大帝国に、明治維新で何とか近代化を下ばかりの弱小国日本が勝つ勝因を作った、二人に、文学青年を交えて、その当時の日本人の雰囲気を伝えています。
第一巻は賊藩だった伊予松山藩の中から、3人が東京に出て行く様が書かれています。
金が無かったので、ただの学校があると聞いて、名古屋の師範学校に入る好古。 先輩の好意により、強引に士官学校に転出され、就学年次が短くすぐに金が親元に送れるという理由で、サラブレッドとは比較にならない、小さな馬の騎馬隊を学ぶようになる、好古。

子規と一緒に東大で文学の道を進んでいた弟の真之は、こちらも学費の面から、お金のもらえる海軍士官学校に転出していきます。 軍人になりたいと思っていなかった二人が、日露戦争の勝因を作っていくと言うところに時代のおかしみがあります。


では、何も考えずに機関銃の射線の中に軍隊をむやみに突撃させて、何万人もの死傷者をだした無能振りと、
騎馬隊にもかかわらず、まともに戦ったのでは、ロシア軍に勝てないので、
日本軍で唯一機関砲を持ち、敵に遭遇すると、馬をから降りて伏せて、機関銃を制射し、何千という敵を撃退し、日本軍の勝因と言うか負けない原因を作った秋山好古との対比が書かれています。
日本海軍にしても、古い頭を戦争の前に全て追い出し、近代戦のできる者を据え、戦える機械をそろえて、訓練し勝つべくして勝ったということです。
戦争は勇気だけでは勝てず、機能、機器による、火力による、と言うことをはっきりと示したのが日露戦争でした。
もちろん、機械だけでなく、人並みはずれた勇気を持つ人がいて勝てたのも事実です。それを何をとち狂ったか、勇気だけで勝ったと思い込み機器で遅れを取り、大敗した第二次世界大戦との対比を知る上でも、面白い本だと思います。
何しろノモハンでは、ソ連の戦車に対して、日本は戦車などほとんど持っていなかったのですから・・・・ 勝ってかぶとの緒を締めず、増長するとどうなるか、を知る上でも、貴重なものです。
企業の戦略を考える上でも、重要なものだと思います。
バブルで増長した日本企業と、今のアメリカの金融機関も勝っているときの原因をもっときっちりと考えていたら、こんなことにはならなかったのに・・・・・・

ま、堅苦しいことを書きましたが、勝てるわけの無い戦いに、次から次に勝って行く、日本人好みの逆転に告ぐ逆転劇は呼んでいて、面白いです。

全8巻ですが、何度も私は読みました。 貧しい、弱小国の日本が先進国の仲間入りしていく、過程を書いたこの8冊。読んで損はありません。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top