FC2ブログ

プロフィール

tosshiii

Author:tosshiii
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

竜馬がゆく

皆さん、こんばんわ


今週は久々に歴史物、幕末物です。


司馬遼太郎の竜馬がゆくです。










坂本竜馬を世に出したのはほかならぬ司馬遼太郎です。


それまでは、マイナーな人間でした。


その人物を第一級の人物にするなんてさすが、司馬遼はすごいです。


篤姫でも、暗殺されましたが、いまだに犯人はわかっていないようです。


この本は有名すぎて、私は社会人になるまで読みませんでした。


中学生で読んでいる子がけっこういます。 


 泣き虫の洟垂れ小僧が、歴史を動かす人物になったと本では書かれていました。


有名すぎて皆さん読んでいると思いますが、


まだなら、ぜひとも読んでください。


日本国内を走り回り、尊皇攘夷、開国、明治維新のシナリオを作り薩長同盟、大政奉還を考え出した竜馬。


三菱商事の基礎を作った竜馬。


全8巻ですが、あっという間に読めてしまいます。


お勧めの8冊です。

スポンサーサイト

金融不動産発火寸前




みなさん、こんばんわ


金融危機が中々去りません。


今日も株価は下がって上ってまた下がるという、すさまじい乱高下をしていました。 


デイトレーダー方は儲けていらっしゃるのかもしれません。


さて、今回は金融不動産発火寸前という週刊ダイヤモンドの特集です。



この金融危機の時にゴルフの特集をしたり、心理学の特集をしたりと、何を考えているんだ、と言いたくなることをやっていましたが、やっと金融危機の特集です。


地銀を初めとする金融機関の危機


不動産リートの危機の解説がずらりと載っています。


リートは信用力のあるスポンサーも撤退する可能性はあるようです。


また、この週刊ダイヤモンドによると、今回の金融危機はサブプライムが元凶ですが、


次の危険商品、保証債券がやばいみたいです。


金融工学の発達、すなわちアメリカ発の誤魔化し手法、


リスクの高い債権をいい債権と混ぜて販売する手法でリスクがどれだけあるか判らなくして、


信用不安が信用不安を呼んだ手法ですが・・・・


その第二段として、CDS・クレジット・デフォルト・スワップがあります。


これは数ある金融派生商品のうちでも、債務不履行に対するもので、


とある企業のCDSは260社のうち、6社が破綻すれば、価値が0になるという、債権を買って、6社が破綻して、


その資産が0になったとありました。


保障のばくちみたいなものでしょうか。


その分、利子も高いのですが、


格付けて゛ダブルAのものばかり、集めたものを買ったつもりがいつの間にか、6社破綻していたということです。


260もあれば、見落としもあります。少しの利益のために、多額の損害が出ています。


CDSはいろんな種類があるみたいですが、これが合計すると5400兆もあるようです。


日本の赤字国債も入れた国家予算の54年分です。


ヘッジファンドとか、これを使って、結構あくどい金儲けをしてきたみたいです。


さらなる、破綻の連鎖の可能性があるとありました。


金融機関も結構買っているみたいです。


運用先が無いんで、生保とかがあまり、これに手を出していないことを祈るしかありません。


破綻が破綻を生むと救済できる機関はありません。


その時はどうなるんですかね・・・


と人事になってしまいます。


株券が紙くずになり、土地が暴落し、金が石ころになり、大インフレがおこり、みんなが、破産するかもしれません。


そうなればまた、一から出直せるかも、しれませんが・・・・・


何とか大恐慌にならないことを祈りましょう。


 

都会で星空ウォッチング

みなさん、こんばんわ


先週末は愛知県東部の本宮山の上で、子供と天体観測をして、星空を見ました。使ったのは12800円で買った スペースアイ70.。


星はむちゃくちゃたくさん見えたのですが、その寒いこと。標高800メートルしかないのに、冬のコートを着ても寒かったです。


さて、今回は都会で星空ウォッチング です。




この金融危機のご時世、何か夢がないとやってられません。



都会でどんな星が見えるか、写真つきで載っています。


なおかつ、それが田舎に行くとどうなるか、


更に天体望遠鏡やカメラで撮るとどうなるかが載っています。


都会で見れる、星座早見番つきです。


この、秋から冬にかけて、都会の空も澄んできます。


一度、星空の旅へとしゃれ込んでみてください。


ただし、寒いので防寒対策は完璧に


 

東洋経済 医療崩壊

みなさん、こんばんわ


この週末は、三重の湯の山温泉から聳え立つ、御在所岳に登山してきました。紅葉がとてもきれいでした。


紅葉の御在所岳border=0>


さて、ここから、本題。今回は週刊東洋経済の家族崩壊です。


border=0>


 何故かアマゾンで無し、本屋で見てください。


小子化、就職氷河期の社会人が正社員になれなくて、子供が作れない。


過労。


日本の賃金の男女間格差による、奥さんに行くしわ寄せ。


中流階級の崩壊。


貧乏人の子供は貧乏人になる。


非正社員のいつ解雇されるかわからない恐怖。


非正社員の増加で正社員の残業時間増。労災の増加。


読んでいて、深刻になることばかり。


株価低迷のこのときに更に暗くなる本ですが、


実情を言っている本です。


今の少子化は太平洋戦争の時と同じだそうです。


八方塞の現状を表しています。


このまま、少子化が進むと、日本社会自体が破綻するかもしれません。

 | HOME |  ▲ page top