FC2ブログ

プロフィール

tosshiii

Author:tosshiii
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブログ内検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

自動車全滅・銀行証券氷結

皆さん、こんばんわ


金融危機が相変わらず続いています。


その中、二大経済誌は週刊ダイヤモンドが銀行証券氷結・


東洋経済が自動車全滅です。





価格:¥ 690(定価:¥ 690)

おすすめ度:


価格:¥ 690(定価:¥ 690)
おすすめ度:
 


すさまじいタイトルです。


まず、ダイヤモンド、銀行は一時期、アメリカの商圏会社を喜んで救済していましたが、


最近はそれどころではないそうです。持ちあいしている株が下落し、東京三菱も赤字転落の危機だそうです。


いわんや、やばそうな地銀は破綻危機に直面しています。


東洋経済の自動車全滅もすごいタイトルです。


全号では、トヨタにもう少し雇用して欲しいと述べましたが、


トヨタ自体が赤字の危機だそうです。


アメリカでは、0金利で最長5年間の金利をトヨタが負担しても、客は減っているそうです。


もともと、新車を3年とかで、乗り換えてきた人が、中古車市場の崩壊で、新車を希望の価格で売れなくなり、


すなわち、新車を買えなくなったから、売れなくなったと書かれていました。


また、資金が無いのに、ローンにつぐローンで、買っていたものが、


ローンを借りられなくなって、新しいものが買えなくなった。年収分以上のローンを抱えている人が多いそうです。


サブプライム危機の説明はこちら


ついでに金融危機の生命保険はこちら


日本のバブル以上に悲惨な状況で皆買っていたそうです。


日本のバブルを人事としてしか見ていなかったのですね。


金融先進国が呆れます。


と、対岸のことではなく、日本も輸出が出来なくなり、急激に景気が悪化しています。


更に、大量の非正社員の首切りで、更に景気を悪化させています。


国内の景気を冷やさないためにも、ここは、雇用を守る必要があります。


でないと、更に、商品が売れなくなり、破綻していく部品メーカーもあると思います。


国も、必要も無い、道路や新幹線(新幹線が出来ると、通った地方の支店が無くなり、東京や地方の大都市に吸収されて、寂れていきます)を作るのを辞めて、警官や警備員を100万人クラスで雇えばどうでしょうか。


費用を500万円くらいでみて、5兆円です。これだけの雇用を作れば、凶悪事件も減り、対策にもなりますし、直接投資ですから景気には直結すると思うのですが。いかがでしょうか。


**************************************************************************


年賀状のシーズンです。


もう作られましたか。


我が家は最近はエプソンを使っています。


昨年買ったのですが、むちゃくちゃきれいで感動しました。


 


そのインクはこちら


http://tosshiii.web.fc2.com/ic6cl50.html


 


 

スポンサーサイト

中国大不安

皆さん、こんばんわ


今、日本の企業を大激震が起こっています。


少し前まで勝ち組の代表だったトヨタ自動車も、大幅減産。大量の首切り。


下請けの選別を始めたとか始めてないとか。


金融危機はアメリカのものだ海外だと思っていたのも、いつの間にか、津波になって日本を襲っています。


サブプライム危機の説明はこちら


ついでに金融危機の生命保険はこちら


しかし、首を切れば、その人たちは、二度とその会社の製品を買わないわけで、


トヨタも何万人という首切りをしているみたいですが、その人たちは二度とトヨタ自動車を買わないと思います。


正社員の給与を減らして、契約社員、派遣社員の雇用を守った方が良かったのではないかと思うのですが。


アメリカの真似をしすぎて、さっさと首切り過ぎ。


早い対応は、景気の悪化の促進をうみ、更なる景気の悪化を招いているのではないでしょうか?


次はわが身と考えると、誰も車を買い換えようとはしませんよね。


手元資金も豊富にあるのだから、もう少し、考えないといけなかったのではないかと思います。


売れないから首切り、周りの人はそれを見て、大変だから買うのを辞める。


更に売れなくなるの繰り返しではないでしょうか?


何万人の顧客を掴むのは何億という宣伝費がいると思います。親戚縁者や友人も買わなくなるし、宣伝費を0にしても、雇用を守った方が、さすがトヨタ、偉いとなって、皆車を買ってくれたのでは・・・・・・


他の企業もまねて首を切っているとトヨタの二の舞になるのでは・・・・


金があるうちは、我慢して、雇用を続ければ、いつか返って来るのに・・・・


イメージが大切だと思います。


と、今回は中国も大変という、週刊ダイヤモンド。


新興国クライシス。もはや、全世界不況になってしまいました。




これ止めるには、雇用の確保しかありません。


例え、宣伝費を切り詰めても、雇用を守る必要があります。


それが購買意欲の減退を防ぎます。


株主より、人です。


人は石垣なんです。


人を派遣だからといって、簡単に首を切るところは、痛いしっぺ返しを食います。


大企業の人事部の方。


人の首を切るということは、その企業のイメージダウン、を招きます。


特に今は。右に倣えは、下手をすると企業の死活問題になります。


そこで、雇用を守る宣言をすれば、イメージアップ間違いなし。


今売ろうとしたら、その一言です。


************************************************************
年賀状のシーズン、相変わらずエプソン人気が続いています。
私も昔はキャノンでしたが、今はエプソンです.
そのインクはアマゾンが安かったです。


孟嘗君

皆さん、こんばんわ

今回は宮城谷昌光の孟嘗君です。

ご存知中国の春秋戦国時代の有名人。



孟嘗君は斉の国の出で、王の弟の子供でしたが、

生まれてすぐに5月5日生まれは不吉だと親に殺されそうになります。

そこを白圭に助けられます。

この白圭、義の人です。

物語の前半は、白圭の物語です。

伝説の大商人と言われた、白圭の商人になる前の物語です。

秦を強くした公孫鞅、孫子、孟嘗君の父の田嬰などが出てきます。

40から、頑張った白圭の物語。

その後、食客を3000人も養ったといわれる孟嘗君の、物語になります。

戦えば必ず、勝ち、天下の諸国王を恐れさせ、あるいは頼りにされた、伝説の一地方国主、の話です。

斉の国王から疎まれつつ、天寿を全うした、孟嘗君の物語。

全5巻ですが、何度読んでもおもしろいです。

お勧めの1冊。

ぜひとも読んでください。

 | HOME |  ▲ page top